【注目】健康で幸せな人生を|長く楽しく生活するおすすめの方法!

健康で幸せな人生を送るための私なりの考えや方法などを書いていきたいと思います。また、楽しく生活をするため実践していることなど口コミ体験談で集めたものも載せていきますので参考にしてみてください。

友達が少ない?増やす方法は?人間関係の悩みはコチラで解決!

友達が少ない方が増やす方法は?

「友達が少ないのが悩みですが、少しでも増やす方法ってないんでしょうか?」「友達がなかなかできないのは何か私に原因があるんでしょうか?」「どうやったら人間関係に苦労せず、誰とでも楽しく生活ができるようになるのでしょうか?」などのメッセージが来たので、今回はコチラで改善方法などを取り上げて少しでも参考にして幸せな生活を送る助けにしてもらいたいと思います。

残念な話ですが、やはり友達が普通の人よりも少ないことが大きな悩みだと考えておられるなら、それは友達ができない、あるいは少なくなっていくような特定の原因があなたの側にあるのかもしれません。

対人関係が普通にできる場合、結婚後に遊ぶ暇が無くなったなどの原因がなければ、色々な人から連絡が来たりある程度一緒に友達と遊ぶ予定があったりと、週末や平日の夜などたまにでも遊びに行く事もある方も多いと思います。

でも誰からも一切連絡が来ないという事は悲しい事でもありますよね。では、それらの原因がどこにあるのか?

その問題がどのようにしたら治るのかに関連する文章を下に書いていくのでチェックしてみてくださいね。

相手を知らず知らずに傷つける

自分自身がいつの間にか相手を傷つけてしまうこともあります。

相手が悪いとばかり考えることをやめて、自分がいつ何をしたのかを考え直す必要もあるのかもしれません。

火災は一人では起きず何かが着火点になって火がつくものです。

自分が火付け役になっていないとしても、燃えやすい原因を作り出していることもあるのです。

しかし、いつまでも過去の行動に悔やまないようにして、解決策を考えましょう。

大切なことは人と長い時間関わって、別れた後に必ず何か悪いことをしていなかったか、迷惑をかけなかったか、相手がどんな思いをしたのか等を振り返り、万が一悪いことをした場合は携帯でアフターフォローをすると、人脈が増えていきます。

人の心を知ることで人生をよりスムーズに進めることができます。

よかったら心理学なども少し勉強してみると良いかもしれませんね。

特に性格心理学等の簡単なものでも読んでみるのもお勧めします。

お礼を言う

友達が何かしてくれた時にお礼を言いましたか?

それが当り前だと思ってはいけません。

親しき仲にも礼儀ありです。

いくら仲が良い友達でも仮に家族であっても何かをしてもらったなら必ず感謝をする習慣が必要になります。

ありがとうという気持ちを伝えるだけで劇的に雰囲気は柔らかくなり、その後の関係が大きくすすんでいくのです。

相手に合わせる

世界は貴方一人だけが生きているわけではありません。

たくさんの人と一緒に生きている共同体として成り立っています。

それを考えると相手に合わせるように常に心掛ける必要があります。

相手を知ることで自分が見えてきますので、自分の短所を知って成長するためにも相手に合わせていくことも大事なのです。

相手の益や気持ちを汲み取って重視することが自分の益につながるという考え方はとても大切です。

空気が読めない発言をする

仲が良い友達同士が集まっている気楽な場所でも、いつも自分だけが話すのではなく、相手にも話をさせることを考えましょう。

空気を読んで自分の言いたいことを言う訓練を最初は身近の人を相手にしていきましょう。

もちろん家に帰ってからでも、「あのときは言いすぎたかな」とか、反省をすることも大切です。

そして反省したことはすぐに実行することです。

悪いと思えば素直にすぐに謝ることです。

言い過ぎたなら自分にストッパーをかける事を忘れないことです。

人の話を聞けない!

人の話を聞けない人がいます。

果たしてそれが悪いのでしょうか?

人の話を聞かない事が悪いという方はそれは間違っていると思います。

そして、人の話をよく聞く方もまた間違っていると思います。

何が言いたいかというと、大切なことは、人の話を半分聞いて、半分考えまとめて、次の行動の先読みをすることが大切です。簡単に言うとケースバイケースですね。

人間として生まれた以上、人から学ぶことは大切で、学んできたからこそ今貴方は生きています。

しっかりと、聞くのが大切なのは特に子供の頃の話であって、大人になったらある程度理解をしていると思いますので、ポイントとなる部分はしっかりと抑えつつ、駆け引きの計算もすることも大切なのです。

難しいって思う方もいるかもしれませんね。

たしかに難しいかもしれませんが、人間は成長をする生き物なので、しっかりと集中して、できないと思わずに出来ると思いながら、自分を信じ、集中して一つ一つこなして行きましょう。

格好をつけすぎる性格

いじめられる性格の人もいれば異性に対して恰好をつけすぎる人もいます。

何を言っても、カッコいい言葉を意識しすぎると、大抵の相手に不快感を与えます。

女性が相手ならタイミングを見計らって時には恰好をつけるのも手かもしれませんが、友達が相手なら、気楽に接する方が絶対に得かもしれません。

その他にも沢山ありますが自分自身で悩むよりも両親や先生や専門家の方々に相談をして楽しい学校、会社の生活ができるようにしていきましょう。

友達の好きな人を強引に奪ってしまった。

物でも人でも他人のものを奪ってしまう行為は慎みましょう。人に恨まれる行為をすると良い人生は送れません。

どんなに欲しいものでも相手から奪わないで、自分の力で手に入れましょう。

リーダーになる注意点!

特に何か商売をしようと思って沢山の組織を作る人もいるかもしれませんが、1チーム20人程度に納めておくことが大切です。

リーダーである以上人間ですので、何か突拍子もないことをして、信用を一気に失い、リーダーから降ろされ、今まで自分が作ってきた物が人に奪われることもあるかもしれませんし、大きい組織を作って、それが壊れた場合のダメージは大きな物ですよね。

人間関係に自身がないけど商売のため沢山の人をまとめたい、仲間に入れたいと思っても自分にまだまだ課題がある性格なら、そんなに大きいチームはハイリスク・ハイリターンと覚えて、チームを増やして、万が一の場合でもダメージを少なく抑えられるようにしておいたほうが良いと思います。

一人っ子は友達少ない?

「一人っ子で友達が少ないのですが、どうしたら増やせるのでしょうか?」というメッセージが来ました。

こういうメッセージは少なくはないのですが、普通に言って確かに家族の多い家庭からしてみたら、確かに一人っ子のほうが、友だちが少ない気がします。

では何故一人っ子は友達が少ないのでしょうか?一つの原因として、小さい時の家庭環境が大きく左右されています。

兄弟の多い家庭ですと、兄弟同士で気を使い合い、時には喧嘩をして、時には助けあって心の成長をしていきます。

しかし、家庭内で兄弟がいなかった場合は、成長をする機会が少なくなるのも当然の話しです。

両親としては、それも計算して、一人っ子になった場合の対処法を学んで行かなければいかないのですが、気づかないでいて、その一人っ子が人間関係で損をするケースも残念ながら多いのです。

もちろん、心がけ次第で一人っ子でも友達を増やす事ができます。それらの方法を今後当サイトで紹介をしていきたいと思います。

嫌われる方の行動をとる

照れ屋さんや愛情を素直に表現できない方の中には、どうしても人が嫌がる行動をしてしまうこともあるかもしれません。

そして、その行動を繰り返すことで友達に全然好かれないと思う方もいるかもしれませんね。

特にマイペースで友達なんていらないから、このまま気にしないで進んでもいいやって思う方もいるかもしれませんが、果たして、そのままでもいいのでしょうか。

人は支えあって生きなければいけない種族です。

万が一の時に誰も助けてくれなくて、大変な思いをする方もいるかもしれません。

若いうちは友達なんていなくてもいいなんて思っていても、年をとって、「あ~友だちをもっと作っておけば、こんな寂しい思いをしなかったのかな」って思っている方も多いという事も覚える必要があります。

また、逆に友達が多すぎて自分のプライベートの時間が一つも取れないのも、また問題がありますよね。

そこら辺のバランスを崩してしまった場合逆にストレスになって、今まで培ってきた信用も失う行動をとって、一気に周りの友達を失うこともあるかもしれませんので十分に注意しましょう。

馬鹿な人は頭が良い。素直に認めて友達を増やす!

私は馬鹿だなって思っているのに、頭の良いふりをする方が馬鹿なのです。

そして、馬鹿だなって思ったら「私って馬鹿なのよ!」って言える方が利口な方なのです。

昔から馬鹿利口という言葉があり、馬鹿を見せる方は利口な方で、利口ぶる方は馬鹿だという意味です。

素直に馬鹿を認めれる方はとっても利口で素直な方なのです。

そして、馬鹿と絶対に認めないと突っ張っている方はなかなか幸せにいきられません。

馬鹿だと自覚して、馬鹿を認めれる方は友達がたくさん増えて、利口ぶったり恰好をつけたりする方は友達がなかなか増えないものなのです。