【注目】健康で幸せな人生を|長く楽しく生活するおすすめの方法!

健康で幸せな人生を送るための私なりの考えや方法などを書いていきたいと思います。また、楽しく生活をするため実践していることなど口コミ体験談で集めたものも載せていきますので参考にしてみてください。

自分に自信を持つために!すぐに始めるべき口臭対策

f:id:oribia567:20161027185025j:plain口の臭いって気になりますよね。どんなに綺麗でどんなにオシャレな人でも、話してみると「臭い…」と思った瞬間に魅力が半減してしまいますよね。

少し距離が離れていても意外と口の臭いって相手に伝わってくるものです。自分はどうなんだろうと思うと怖いですよね。ブレスケアとかミンティアみたいなものを常備しているという方もいると思います。

でもできれば根本から口臭対策をしてみたいと感じている方は多いと思います。どんな食事やどんな習慣が口臭対策として効果的なのかを調べてみましたので、ぜひ参考になさってください。

他のサイトで見てビックリしたんですが、社会的に許容範囲を超えた口臭を持つ人は15%もいるんだそうです!自分は大丈夫と思っていてもそうではないことが多いのかもしれませんよ!

口臭の原因はなに?

対策を練るためには原因を知らなければなりませんので、まずは原因を考えてみましょう。

1.舌苔といわれる舌の上にできる物質が原因

この物質と唾液がまじりあうと非常に臭くなるんだそうです。

舌苔というのは、舌の上に溜まる物質なんだそうですけど、食べ物のカスとか死んだ細胞などだそうです。考えただけでも臭そうな気がしますよね。時間帯とか体調によっても臭いは変わってくるんだそうです。

でも基本的には舌苔は誰にでもあるものなので、無理にすべてを取るのは返ってよくないそうです。

2.ドライマウスといって口の中が乾燥することによる原因

食事に時に噛む回数が減ると唾液の量が減り、ドライマウスになりやすくなったりします。また、夜寝る時など口呼吸しているとドライマウスになりやすくなってきます。

3. 病気などが原因

4.腸内環境の悪化が原因

誰にでも腸内には善玉菌と悪玉菌があります。

善玉菌が多く、正常な時は小腸で食べ物の栄養を吸収して血液から肝臓に運ばれ、肝臓ではその栄養を処理して各器官へと運ばれていき、栄養が吸収されて残ったもの(残りかす、水分)は大腸で便になり排泄されます。

しかし、善玉菌が減って悪玉菌が増えると、アンモニアなどの悪いガスが発生して腸内に溜まり悪臭を放つそうです。

悪玉菌が増える原因は、

・肉類を多く食べている(肉のたんぱく質やアミノ酸が悪玉菌のえさになる)

・暴飲暴食

・ストレス

・ジャンクフード

・砂糖がたくさん入ったお菓子を食べる

・マーガリンなどの動物性油を摂取する

といったものが悪玉菌を増やす原因になっています。

悪玉菌が多くなると

・栄養が吸収しにくくなり

・新陳代謝が低下し

・便秘になったり

・疲れやすくなったり

・肌荒れを起こしたり

といったことが起こります。

特に便秘になると便が長時間長に留まってしまうため悪臭となるガスが発生し、腐敗してそれらが血液などから体に回っていき口臭や体臭の原因になることもあります。

対策を考えてみよう!

歯を磨いてる男性のイラストです。原因からみえてくる口臭対策としては、

1.口の中を綺麗にする!

というのが何より一番大切な事といえそうです。舌を掃除するブラシも今は販売されていますが、先ほども述べたようにやりすぎは悪影響ですので、一日一回くらいにとどめておくのが良いそうです。

しかし歯磨きはもっとできますよね。食べた後はすぐにしっかりと歯を磨くことでかなりの予防効果があります。

またドライマウスが原因ともなりますので、

2.水分をこまめに補給するのも良いことです!

といっても

3.コーヒーなどはにおいのもとになる可能性があるので避ける!

4.喫煙は避けたいところです!

口臭の大きな要因になります。

5.胃腸に良い食習慣を保つこと

胃腸が弱ってくると口臭もひどくなるそうなので、体のケアを怠らず健康を意識しておくことも口臭ケアとしては大切です。

単にニンニクなどを避けるだけがにおい対策ではないということを覚えておかなければならないですね!

6. 悪玉菌を減らして善玉菌を増やす

食事で予防を!

先ほど書いた対策の中で、「悪玉菌を減らして善玉菌を増やす」と書いてあったと思いますが、

胃腸を整えることが一つの方策ですので、胃腸に良い食事というのが一つのポイントです。

悪玉菌を減らして善玉菌を増やすには、どういったことをすれば良いかというと

・肉類の摂取量を減らして代わりに魚や豆を増や

・お菓子、ジャンクフード、菓子パンなどなるべく控える

(どうしても食べたくなったら和菓子にする)

・発酵食品(味噌、納豆、キムチ、ヨーグルト)などを毎日摂取する

・食物繊維をとる

食物繊維には水溶性(ごぼう、さつまいも、きのこ、豆類、など)と不溶性(リンゴ、海藻類、こんにゃく、など)があるので1対2の割合でとると良いとされています。

・適度な運動

・ストレスを溜めない

・和食を心掛ける

その他の予防策は、

・酵素を多く含んだ食品をとる

酵素を多く含んだ食品は腸の調子を整えてくれるので、生野菜のサラダとか、朝食には野菜のスムージーなどもおすすめです。

・リンゴを食べる

リンゴは噛み砕くために歯をよく使うため歯垢などが取れて口臭対策となるそうです。

・緑茶を飲む

緑茶などに含まれるカテキンは口臭予防に適しているといわれますので、毎日飲むようにするのもいいでしょう。

・クエン酸をとる

レモンや梅干しなどに多く含まれているクエン酸をとるのも良いそうです。

まとめ

幸せな男のイラスト画像です。簡単にですが役立ちそうな食材などをピックアップしてみました。ダイエットなども考えると、生野菜のサラダや野菜のスムージーを毎日のはじめにとるのは良さそうですね。

健康とも深い関係がある口臭ですので、嫌われないためにも健康に長く生きるためにも、自分に自信をもって生活するためにもマウスケアをしっかりとやっていきましょう!

こういったことに気を付けて生活するようにすれば口臭も気にしなくてよくなり、自分に自信が持てるようになるでしょう。

そうすればストレスも溜まらず、快適な生活を送れると思います